boost

オラファー・エリアソン 「ときに川は橋となる」展
「あるがままのアート -人知れず表現し続ける者たち」展
「石橋財団コレクション×鴻池朋子 鴻池朋子 ちゅうがえり」展
「ピーター・ドイグ」展
「後藤克芳 ニューヨークだより」展

2019年に個人事業から法人成りし、2020年はパンデミック、そこから新しい生活様式に移り、また以前のように展覧会も開かれるようになり、Tour de Franceは劇的に終わり、NBAも亡きKobe Bryantの後押しもあってかLakersの勝利で終わり、MLBはもうじきワールドシリーズを迎えつつ、B.Leagueが新しいシーズンが始まり、来週にはVuelta a Espanaが始まり、色々とブーストしてくれます。

NY

3月の思い出

2019年スタート

今年も大桟橋をベースに海を眺めながらリラックスしつつも頑張ります!

 

イギリスのプロサイクリングチーム「チームスカイ」は、今年を持ってスカイ社がスポンサーを撤退することが決まり、おそらく常勝軍団「チームスカイ」はチーム名の変更になりますが、そのチームスカイの監督が提唱している「marginal gains = 1%の改善」を参考に努力していきます。

Daily inspiration

ロボット+人間の例 from dezeen

2018年仕事始め

 

ここ6年で5度、ツールドフランスを総合優勝しているイギリスのteam Sky。その指揮者Sir Dave Brailsfordが提唱している「1%の改善」というコンセプトがあります。あらゆる分野で、わずかな改善を積み重ねることが、大きな成果につながるという考え方です。この考え方を知った数年前より意識をしてきましたが、今年はその考えを強く意識し、実践してまいります。

Home Idea

コンバージョンの一種

DIY壁紙貼り

IMG_1766

自宅リビングの壁の一部に、アクセントクロスをDIYで貼りました。

 

IMG_1768

WALPAという輸入壁紙屋さんで購入してみました。普段の設計では、ほぼ国内のメーカーさんを使用しており、そのほとんどがビニルクロスです。

 

今回選定したのはYORKというアメリカのもの。紙クロスです。天井高さと柄のリピートに合わせて壁紙をカットし、ノリを塗って、貼る、だけ。でも難しい。

 

普段の仕事では、クロス仕上がりのチェックをし、傷や膨れがあると指摘する側。ただ自分で貼ると大目にみてしまうもの。改めて職人さんリスペクト。(輸入クロスは、一般的なビニルクロスと性質が異なるため、貼れる職人さんは限られます)

 

IMG_1769

2枚目を貼った段階で、最初のクロスがわずかに傾いていることが判明。もう遅し。若干、下の方は被っています。

 

IMG_1771

現場監督が手直し。(爪をたてず肉球で)

 

IMG_1775

たった3枚のクロスを貼るのに、午前中いっぱい掛かるという仕事の遅さ。ぜひお試しを。

Work to do . 2017

img_1364

本日より仕事はじめです。

本年もより一層のご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

 

レンガタイル

img_1248

レンガタイル貼り。接着剤塗り。

 

img_1249 img_1250

コーナーから割付し、タイルの裏面にも接着剤をつけて、圧着。

 

img_1251

目地幅を調整しながら貼り付け。

 

img_1252

前半あと一つ。

 

img_1253

最後は仲良く一緒に。

建具工事

img_0638

新百合ケ丘にあるヘアサロン「Hair Feel」の建具工事です。

 

着付けなどを行うブースが欲しい、というリクエストでした。

 

img_1087 img_1089

壁をはがし、

 

img_1090

レールをつけ、

 

img_1092

下地を補強し、

 

img_1096

引戸を吊り、

 

img_1097

塗装をして完成です。

 

img_1098

横浜・大桟橋近くの設計事務所ホームストア/HOME STORE