BLOG

木工事

2014.06.12

P1050772

 

床暖房が設置された後は、主要な間仕切りを立てていき、新設する木枠を固定していきます。

上の写真は引き戸の枠を下地に取り付けた状態です。今回使用する枠材はタモ材です。

 

下地は既存のものをうまく利用しながら、必要な部分は補強・新設していくのですが、

中途半端に既存のものを残すと、かえって作業性は悪くなります。

どこを残して、何を撤去するかの判断は大工さんと協議しながら決めていきます。

 

P1050773

 

今回新設する建具は全て引き戸で、壁の中にしまい込まれるように設計してあります。

これから壁の下地を立てていくと、その様子がだんだんと分かるようになります。

 

P1050779

 

大工さんは現場でお弁当を食べるのが基本スタイルです。

Recent Entries