BLOG

下地工事

2014.06.07

P1050725

 

解体工事が終わった後は、精度を見ながら下地の工事を進めていきます。

 

これから畳の部屋だった部分をフローリングの部屋にしていきます。

畳の厚みは55mm、新しいフローリングの厚さは12mm。

この厚みの差を埋めるために下地を調整し、既存の床と高さを合わせます。

 

P1050726

 

レーザーの墨出器や水糸と呼ばれる大工道具も使いながら、壁や床の精度を見ていきます。

精度の良い部分と調整が必要な部分と把握し、下地のボードをどうやって張っていくか、棚をどうやって作るか、

建具の納まりはどうするか、などをその場で話しながら決めていきます。

 

P1050727

 

上の写真はフローリングの床下地を張り終わったところで、30cmおきに黒いラインが引いてあります。

これはこの後、フローリングを張る際の釘打ちのラインを示しています。

 

床下地の構成としては、下からコンクリートスラブ/遮音二重床/根太(角材)/構造用合板です。

 

P1050731

 

壁には詳細図とスケッチが貼り付けてあります。

ちなみに職人さんはだいたい平面図しか見ません。

 

今回の工事をするにあたり20枚程度の図面を作成してはいますが、見るのは上の写真の通りです。

平面図を見て不明なところは他の図面を見て、それでも分からなければ連絡がくるので、

都度確認を取りながら、工事は進んでおりますが、時には「そんな図面あったの」なんていう場合も。。

 

現場は作業も重要ですが、コミュニケーションはもっと重要に感じます。

 

 

Recent Entries