BLOG

解体工事

2014.06.05

P1050704

 

リビングの一角に生活用のスペースを確保した後は、解体工事に入ります。

 

解体用の図面を用意し、壊す部分・残す部分・一旦取り外して保管する部分・移設する部分と指示をしています。

今回は大工さんによる解体工事で、丁寧に作業していただいてます。

どうやって作っていくかを検討しながら、既存を壊していく作業は経験のいる仕事です。

 

 

P1050705

 

壊してみないと分からないこともありますが、おおよそ想定通りに工事は進んでいます。

下の写真のプラスターボード(薄い黄色の壁)部分の裏はユニットバスがあります。

ここは遮音性能を確保するためにボードを二重に張ってあり、この壁は特に傷みもないのでそのまま利用します。

 

 

引き続き細かい部分の解体工事が続きます。

 

 

P1050713

Recent Entries